セフレ出会いを比較 !セフレとして出会いやすいタイプはどんな人!?

セフレ出会いを比較

セフレ出会いを比較

出会い系サイト(せフレbbs〜gotazkaen studio〜など)を利用している女性はたくさんいて、年齢層に関してもそれなりにばらつきがあります。

けれども、全ての女性がセフレとの出会いを望んで出会い系サイトを利用しているわけではありません。

これはもちろん、当たり前の話ですね。

自分がセフレとの出会いを求めて出会い系サイトを利用しているというのであれば、同じようにセフレとの出会いを望んでいる女性とコンタクトを取らなければ意味がありません。

それでは具体的に、セフレとの出会いを望んでいる女性というのはどういう傾向を持っているのでしょうか。

初対面でも見分ける方法があるなら、ぜひとも知りたいところだと考える男性は多いでしょう。

まずはじめに、セフレを探すために最適なサイトについてですが、セフレとの出会いを望んでいるからといって、バカ正直にセフレ専門サイトとか、あるいは掲示板の類を利用するのはナンセンスです。

サイト名に堂々と「セフレ」という言葉を使っているようなサイトに、多くの女性は集まってきません。

たとえ本当に自分がセフレとの出会いを望んでいる場合であっても、できる限りそのことは他人に知られたくないと考えるからです。

男の立場から見ても、自分が出会い系サイトを利用しているということは、たとえそれがまっとうな出会いを目的とした場合であったとしても、わざわざ積極的に他人に打ち明けたりはしないはずです。

私だってもちろん、自分から職場の同僚などに出会い系サイトを利用しているなんてことを打ち明けたりしません。

なにかよほど相談に乗ってほしいことがあるなら別ですが、私の場合は、出会い系サイトを利用している中でなにか疑問点を見つけても、出会い系サイトのサポートセンターに直接連絡するか、あるいはグーグルで検索してサイトの情報を漁ります。

最近は特にインターネットというものを利用するだけで、ほとんどあらゆるジャンルの疑問をすぐに解決することができるので便利です。

話が少しそれましたが、要するに自分が真剣な交際相手を探す場合であれ、あるいはセフレとしてお付き合いをしていく女性を探す場合であれ、利用すべきサイトはとにかく、優良な出会い系サイトを利用すべきだということです。

ダジャレのようですが、有料のサイトを利用したほうが、結局は自分にとって得るものが多いですよ。

無料のサイトでも本当によいサイトがあればいいのですが、実際のところ、サイト内に女性の会員がほとんどおらず、代わりに存在しているのは悪質なサクラばかりだという状況が本当にあるのです。

たとえ、サイトを設立した側の人間に、利用者の男性を騙してやろうという明確な悪意が無かったとしても、女性の会員がたくさん集まって来ない限りは出会い系サイトとして機能しないので、サイトはきちんと管理されなくなり、閑古鳥が鳴くような状況が続いてしまうわけです。

だれだって、きちんとした出会いが実現できる優良サイトを利用したいと考えますよね。

セフレとの出会いを望んでいる女性の傾向は?

出会い系サイトを利用して、自分はセフレとの出会いを求めているのだということを、はっきり言葉で意思表示してくれれば苦労はいらないのですが、なかなかそう単純にうまくはいきません。

先ほども言ったように、出会い系サイトを利用する女性の多くは、自分がセフレとの出会いを望んでいるというようなことを隠したがる傾向があるようです。

パートナーとして出会った男性も、実際にデートをしてついにベッドインという時になるまで、相手の女性が自分をセフレとみなしているのか、あるいはこれからも恋人同士のような触れ合いを続けていいのか、どうもわからないという場合があるそうです。

また、これが女心の難しいところですが、始めのうちは「恋人同士のお付き合い」を意識して付き合ってくれた女性も、急に気分を変えて「あなたはやっぱりただのセフレ」というふうにパートナーのグレードを下げると言うことも平気でやってしまうのです。

男性にとって、自分が女性からどのような扱いを受けるのかというのは非常に重要な問題です。

あなたはセフレだから、私がエッチしたくなった時だけ付き合ってね、と言われたとして、その場ですぐ犯行できる男性というのはなかなかいないでしょう。

基本的に、恋愛の事柄について男性の立場は非常に弱いので、女性から受けた指図には従わざるを得ません。

もし、女性の言葉に犯行できる男性がいるとすれば、その男性はすでに他の異性ともお付き合いがあり、たとえ一人の女性から振られたとしてもまだ心に余裕があるという場合くらいのものでしょう。

セフレ候補としてお付き合いする女性は、どのように接すればいい?

セフレ候補としてお付き合いする女性

ここまでにわたって私が読んできた内容を参照していただければ、まるで、恋人同士の関係としてお付き合いしている男女が無条件で偉く、またセフレとしての関係を持っている男女は問答無用で卑しいものだというイメージを持たれてしまうかもしれません。

しかし、それは単なる誤解だということを、このあたりで会えて強調しておきます。

人間関係の築き方については個人によって考え方が違うので、セフレとしてのお付き合いのあり方が間違っていて、恋人同士としての男女のお付き合いは正しいというようなことは、一概には判断できません。

だから、たとえセフレとしての関係を継続している女性が相手であっても、相手の尊厳を軽く見るような言動は絶対に避けるべきです。

女性は特に、自分の存在が相手の男性からどう見られているのか、きちんと大事にお付き合いを続けてもらえるのか、あるいはただの遊び相手という関係を超えられず、そのうち飽きたら捨てられてしまうのか、ということを正しく見抜きます。

男性がうわべだけのお付き合いで女性のことを大切にしていないなら、そのことを簡単に見抜いて、男性から離れていくわけです。

恋愛している時の、女性が男性を見る目というのは、非常にシビアです。

女性とお付き合いする男性は常に、女性から厳しい目で「査定」されているのだということを忘れないでください。

例えば、中古車を買い取りの査定に出すとき、すでについてしまった傷を薬剤で隠すのは禁物だと言いますよね。

自分がどれほどいいことをしたつもりであったとしても、余計な手を加えてしまえば、査定額が大幅に下がります。

女性が男性の査定を行う時の基準も、ある意味では似たようなものです。

男は虚勢を張って生きる存在なので、特に好きな女性を前にすれば、自分のことをよりよく見せようと、虚勢を張るのに必死という状態になります。

けれども、自分のことを少しでもよく見せようとして虚勢を張れば、女性はすぐに見抜きますし、虚勢を張る一環として自慢話ばかりを続けるようであれば、結局は女性から嫌われてしまうので、逆効果です。

特に恋愛の初心者は、自分の良いところを相手に知ってもらえばそれだけですかれると言うふうに勘違いして、その結果が自慢話の連発ということになります。

しかしながら、くれぐれも注意してもらいたいのは、女は基本的に「できすぎる男」というものを敬遠します。

あからさまに嫌うというわけではありません、ただ、相手があまりに天才すぎると、自分が持っているステータスに劣等感を持ってしまい、自分の劣等感を刺激した男性のことを好きになることが難しくなります。

男性にとっては、どうして女性が急に冷たい態度を取るようになったのかということが分からず、あいかわらずせっせと自慢話を続けて、これまでよりいっそう女性から嫌われるという悪循環に陥ることになるでしょう。

だから、自慢話を延々と続けて女性から嫌われてしまうよりは、少しへりくだるような感覚で、自分のことをありのままごまかさず相手に伝えると言うことの方が大事なのです。

価値観の合う女の子とお付き合いしましょう

自分のことを相手にごまかさず伝えることで、女性のハートをつかむことができると言う話をしました。
しかしながら、ありのままの自分らしくふるまうことで、全ての異性から同じように好かれることになるのかといえば、当然のことながらそんな訳はありません。

なにか漫画で読んだ気がしますが、本来的に私たちは誰にとっても他人同士で(たとえ家族としてのつながりがあったとしても)、他人の考えを完璧に理解し合うことは絶対にできないのです。

だからこそ、セフレを選ぶ際にも、ありのままの自分としてふるまい、特に引っかかることなく不通にお付き合いできる相手を選ぶことが理想的なのです。

もちろん、出会い系サイトを通じて知り合って間もないころから、いきなり百パーセントの本音で振舞う自分をさらけ出すということは、おそらく誰にとっても不可能でしょう。

人間誰しもが心のどこかに、他人に嫌われるのは嫌だという思いを秘めているのでなおさら、出会い系サイトを利用して知り合ったパートナーにはできるだけ良い時分を知ってもらおうとします。

そのため、場合によっては、自分らしくありのままに振舞うことをためらうことがあるのです。

はじめから、自分の価値観や趣味に共感してくれる、物の考え方がそっくりな女性と知り合い、セフレとしてお付き合いを続けていけたらベストです。

手っ取り早い方法は、ファーストメールを何人かにまとめて送る際、相手のプロフィールをよく確認して、自分と誓い趣味を持っている女の子に狙いを定めましょう。

異性を選ぶときの基準は、特に出会い系サイトを利用している場合なら、顔とかスタイルよりも性格の一致という問題の方が大事ですよ。

一昔前には「熟年離婚」という言葉が冗談のように流行りましたが、一度結婚した夫婦が、例えば子供が手を離れたタイミングなどで突然離婚する、そんなある種の気候に走る理由は、たいていが性格の不一致であると言われています。

若いころから、相手に対する不満というものはあったのだけれど、そのことをはっきり打ち明けていいのかと決めかねているうち、時間だけが過ぎ、やがてかすがいであった子供が手を離れて家を出て言った時、お互いに抱えていた不満が爆発し、離婚という最悪の結果につながるのだと思います。

そのような悲劇を繰り返さないために、たとえセフレを選ぶ際であっても、できる限り自分の性格や趣味と合う女の子を選ぶようにしましょう。

出会い系サイトを利用している人ならよくご存じの通り、ほとんどの出会い系サイトは、個人の情報を好きに編集して公開できる、プロフィールコーナーというものを設けています。

プロフィールコーナーでは自分の趣味を公開することも可能ですが、趣味の書き方一つをとっても、多くの人から注目されるかどうかが決まる問題だと考えてください。

多くの人から注目してもらえるようにプロフィールをまとめるコツは、趣味の項目について、回答にできる限りの幅を持たせるということです。

アウトドア系の趣味が一つ、インドア系の趣味が一つ、その他が一つ、という具合に、いろいろな趣味をプロフィールで公開するのです。

こうすることで、例えばサイクリングなどのインドア趣味を持つ女性からもさりげなく声をかけてくれるでしょうし、また同じように、インドア派の趣味を持つ女の子からも興味を持ってもらえます。

これがもし、趣味のところになにも書いていなかったら、相手の女性は、初対面のあなたのことをいったいどのように判断すればいいのかということが分からなくなるのです。

素性の知れない男性を何の抵抗もなく愛せる女性というのはいません。

だからこそ、プロフィールの公開という手段を持って、相手に少しでも自分のことを知ってもらおうという努力が肝心なのです。

いわゆる「かまってちゃん」はセフレとして狙い目

いわゆる「かまってちゃん」はセフレとして狙い目です。

かまってちゃんな女性は基本的にさみしがり屋ですから、食事に誘って酒を飲ませて、終電を逃して困っているところに、何食わぬ顔でホテルに向かうということが可能なのです。

自分にとってはどれほどつまらない話であっても、彼女の愚痴や他人の悪口をしっかりと聞いてあげることが、セフレとのセックスにつながるのだということを信じて、ひたすら相手の話に耳を傾けてください。

かまってちゃんの女の子が良く持ち出す話題として、多いのがやはり、旦那をはじめとする身内に対する悪口で、その次に多いのが、別れた前の彼氏に対する愚痴、そして、職場にいる嫌な上司に向けた悪口なのです。

セフレの立場に収まった男からしてみれば、元彼の話題を出されると結構つらいものがありますよ。

たとえ元彼とは疎遠になった後でも、無意識のうちにあらゆる部分を今彼と比較しているという側面がありますから、厳しい目で見られているのだという事実に、震えあがりそうです。

セフレ出会いを比較 / セフレ出会いを比較 / セフレ出会いを比較 / セフレ出会いを比較 / セフレ出会いを比較 / セフレ出会いを比較 / セフレ出会いを比較

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">